底地と借地の教科書

☎06-6599-9350

借地問題のポイントと借地のメリットとデメリット

前へ
次へ

借地問題のポイント

借地権は、地代を払い建物を利用し継続して維持し続ける限りは、非常に強い権利であります。
では、何もせずにそのまま借地権を持ち続けるのが最良の選択なのでしょうか?
借地は、長く家に住み続ければ住み続けるほど、合計した地代の支払金額が積みあがることによって、これからの将来必ず底地を買取る際の費用よりも高くなります。

借地のメリットとデメリット

借地権のメリットは、毎月地代を支払うことで長期的に使用が可能である点、土地の固定資産税を納める必要がない点、底地を買取るよりも資金の負担が安く済む点が挙げられます。

一方、借地のデメリットとしては、年々地代が上がる傾向にある点、地代を支払い続けなければならない点、担保評価が低い点、自由に売買できない点、地主さんの承諾や名義変更料が必要となる点、借地権の更新時の更新料支払いが生じる点、住宅ローンの借入時に地主さんの承諾書が必要となる点、自由に家の建替・増改築ができず地主さんの承諾と承諾料が必要な点、借地の売却に買い手がつかない点等が挙げられます。

地主さんとのトラブル

地主さんの地代の値上げの請求のたびにトラブルが生じる点も頭を悩ませる点です。
地代の値上げ時期も不動産によって様々ですが、2、3年おきに行われている場合が多いように思います。
私の周りでも商業地において土地を借地し、その上に貸事務所を持っている借地人さんは、たびたび地代の値上げで地主さんとトラブルになっていました。
地代の値上げ請求に借地人さんが一向に応じないことから地主さんより裁判を起こされ、第一審の地裁で現状の地代より50%の増加で結審しました。二審の高裁においても同じ結論で結審し、結果訴訟費用として30万円の出費だけが残ったというような事案もあります。
このように、今後将来的には、地代の値上げが認められていくことによって地代と家賃の差がなくなってくる可能性が考えられます。

底地・借地問題のポイント関連ページ

底地と借地の教科書へようこそ!

底地権と地主さん

借地権と借地人さん

底地と借地問題のポイント

貸地の相続対策

底地と借地の教科書

東生コーポレーション株式会社
〒551-0021
大阪府大阪市大正区南恩加島6-8-8
TEL:06-6599-9350
MAIL:tosei.office@gmail.com
ページのトップへ戻る