底地と借地の教科書

☎06-6599-9350

借地人さんが底地を買取るメリット

前へ
次へ

借地人が底地を買取るメリット

現在の借地人さんと地主さんの借地契約は旧借地法が妥当した旧法によるものが多いです。
この借地契約は更新されるたびに継続はしていきますが、将来的には消滅していく制度です。

借地人さんと話をしていると多くの方が、「今まで地代を長年支払い続けてきたのだから地主さんはこちらがお願いすれば底地を売ってくれる」と考えられています。
しかし、私の実感では底地を売ってくれる地主さんはほとんどいません。
相続税の支払いの関係で現金が必要で底地を売却した地主さん、高齢の地主さんで借地の管理が困難になり底地を売却した地主さんはいらっしゃいますが、基本的にこういった事案に限られます。

私の知っているある借地人さんからご相談を受けました。
「ずっと借地で生活をしてきたが、もう年なのでこの際地主さんから底地を買取り、子供に後を継がせたいと思っている」という内容でありました。
底地の買取りは地主さんとの交渉で最も難しい手続きです。

地主さんと折衝し、日々対話を続ける中で、相続に向けて収益性の観点から金額が折り合えば土地の売却を考えてもいいというお話をお伺いし、その他前面道路や土地境界の条件もお聞かせいただいて借地人さんが底地を買取ることができました。
ご相談から5ヵ月程度要しましたが、このようなケースはそんなにないことです。

借地権者さんが底地を買い取る意味

借地人さんは底地を買取ることで得られるメリットは大きいです。
借地は、長く家に住み続ければ住み続けるほど、総合計した地代の支払金額が積みあがり、将来のどこかで必ず底地を買取る際の費用よりも高くなります。

まず、何よりも地代の支払が必要なくなるというのが最も大きいメリットでしょう。
地主さんからの地代の値上げ請求で悩まされることもなくなります。
完全な所有権を取得することになり、資産価値が高まり、また、土地を自由に処分でき、売却できる点も挙げられます。
建替え時に担保価値が上がることで金融機関からのローンがしやすくなる点も大きいですし、契約更新の更新料や名義変更料、建替時の承諾料も不要となります。

このように、借地に長く住み続けて地代を支払い続けるのか、若しくは底地を買取り、経費を発生させないのか、その判断をいつするのかが大きな分岐点になるでしょう。
借地人さんにとっては、資金にめどが立っている状況で、価格が適正で底地を購入する機会があるのであれば買取りをするのがいいのではないでしょうか?

借地権関連ページ

底地と借地の教科書へようこそ!

底地権と地主さん

借地権と借地人さん

底地と借地問題のポイント

貸地の相続対策

底地と借地の教科書

東生コーポレーション株式会社
〒551-0021
大阪府大阪市大正区南恩加島6-8-8
TEL:06-6599-9350
MAIL:tosei.office@gmail.com
ページのトップへ戻る