底地と借地の教科書

☎06-6599-9350

契約書・合意書・覚書の雛形と文例

前へ
次へ

契約書・合意書・覚書の準備

底地と借地の売買や賃貸借において、地主さんと借地人さんの間で取り交わされる書類は多くのものがあります。
この中でも、売買契約書や賃貸借契約書、事案によっては合意書や覚書等、実態に応じて作成する場合もあります。

借地人さんの中には、借地契約を締結せず、そのまま現在に至っている方も中にはいらっしゃいます。
もちろん地主さんと借地人さんの間で合意があれば契約そのものは口頭でも成立します。
しかし、不動産取引は、高価であること、また、特に借地契約では何かと問題が生じる場合が往々にしてあります。
借地人さんが底地権を買取る場合は、資金調達からはじまり、隣接地との境界の確定、権利関係の抹消、書類の準備等多くの作業が必要です。

借地権の問題はこじらせることなく、地主さん・借地人さん双方が納得できる解決を目指さなければなりません。
借地権を地主さんに買取ってほしい、借地権を第三者に売却したい、地代の値上げをしたい更新料の請求をしたい等しっかりと契約書・合意書でまとめておくべきことがあります。
また、相続税制の改正によって相続税の基礎控除額が引き下げられました。
このことによって相続税の課税範囲内となった底地・借地も多く出ており、書面に残すことで紛争予防に役立つこともあります。

事前にわかりやすく、明確な契約書・合意書・覚書等を作成することで大きな損失や紛争を未然に防ぎ、平穏で快適な生活を送っていただければと存じています。

本ホームページをご活用していただき、底地・借地でお悩みの地主さん、借地人さんのお役に立てていただければ私としてはこの上なく幸せです。

契約書・合意書・覚書の雛形

底地と借地の教科書へようこそ!

底地権と地主さん

借地権と借地人さん

底地と借地問題のポイント

貸地の相続対策

底地と借地の教科書

東生コーポレーション株式会社
〒551-0021
大阪府大阪市大正区南恩加島6-8-8
TEL:06-6599-9350
MAIL:tosei.office@gmail.com
ページのトップへ戻る